はるのマウスで書いて作った自作フォント


インストール

説明

FontForgeとImage::MagickとInkscapeとPotraceとPythonを使って作りました。
てきとうに書いて作ったフォント - しろもじ作業室にて公開されているtfssss.zipを勝手ながら使用させて頂きました。
また、自分好みにPython スクリプトを追加したり自分の環境では動かなかったので改造したPerl スクリプトとSVG 画像は、
tegakifont.zipにあります。
中には、
があります。

使い方(Debian系のOSの場合)

必要なパッケージをインストールします。
sudo apt-get install fontforge fonts-takao inkspace perl potrace python3
tegakifont.zipをダウンロードします。
wget http://256haruhi.dip.jp/works/fonts/tegakifont.zip
解凍します。
unzip tegakifont.zip
tfssss.zipをダウンロードします。
wget http://shiromoji.net/tegaki/tfssss.zip
フォントに入れたい文字を並べてUTF-8でエンコードしたTXT(平文テキストドキュメント)ファイルを作成します。
1.pyの引数に作ったファイルのパスを指定して実行します。
python3 1.py example.txt
tfssss/tegaki/sheet/[数字].pdfを、
PNGにしてペイントソフトでマウスで書いて文字を入れるなり印刷して文字を書いてスキャンしてPNGにするなりして、
最終的にtfssss/tegaki/scan/[数字].pngに文字を入れたPNG 画像を置きます。
2.pyの第1引数に先程の数字を、第2引数にずらすX座標、第3引数にずらすY座標を入れます。
第1引数の数字はファイルが存在する全ての数字で行なって下さい。
第2引数、第3引数はtfssss/tegaki/out/pgm/u[Unicode].pgmに出力されたPGM 画像のずれから決めて下さい。
最初はどちらも0で試すと良いです。
python3 2.py 0 0 0
generate.peの44〜51行目を自分の好みに編集して保存し、
3.pyを実行します。
python3 3.py
すると、tfssss/tegaki/out/tktf.otfにOpenType フォントができています。